2007年04月29日

第一理念 中線理念

詠春拳 的理念 第一 【中線理念】

中線理念は東方格闘の技の多くの実戦が構想することで、
例えば意拳の“役立ち中を守る”、詠春拳の“中線”
は拳などを発する。

具体的に中線の定義に着いて、決して完全に一致しなくて
たくさんの節がありますがさほど大差は大きくありません。

一律に参考のために今はただ引き上げるそのうち(それは少しのヨーロッパです)詠の春拳法家のつけた概念)。

全部本人の馬法站容貌対峙の時双方によってそれは虚構する、それが虚構する対称的中心の糸はちょうど重心の糸と重畳して併す。もし双方中心の糸相連をすれば、すぐ1個の中心の糸平面を形成可能に、もし一方は斜めにすれば、中心の糸平面は依然として存在して、これは“面に形を追う”と呼ばれる。

人体重要な器官は中心の糸に接近して、人体の平衡した同様に比較的に近い中心の糸、それゆえ双方は全部相手の中心の糸が攻撃を考えて、周時は同様にしっかり中心の糸を守って攻撃されなくありたいと考える。

中心の糸に攻撃する、相手に命中する最短の隔てで、ばかりでなく命中は比較的に速くて、そのうえ力が比較的に重さを受ける。

実効を攻撃することを見れば、打たれる中心の糸時は主に比較的に難しく力を陸揚げして、偏った時相手が力を陸揚げすることを変えることを比較することを打つ。

実戦の時拳来の脚は向かって、難しく時間が自分を考慮する主観に来て常にふだんに依る訓練を判断する。

截の拳道也は中線理念を利用して、ただそうでなく詠の春はあるいはウマ面を変えて相手に体本人の馬に近くて、常用が相前後して斜めにする馬の歩み。
posted by さんきち at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40323765
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。