2007年04月28日

第ニ理念 短距離理念

詠春拳 的理念 第ニ 【短距離理念】

原則的に詠春拳の中心の線は最も接近する距離に対して最も簡潔な技法を使って最も実際の効果の攻撃を達成することを構想して、例えば相手が身をかがめる時、距離の最近を打つかもしれません。自分でしゃがむのが低い時、ももの距離の最近を打つかもしれません。しかしも実際の情況によって相手の体を斜め(横)にする上歩の時、ひざのすねを蹴ってあるいは足の距離の最近を踏むかもしれません。

実戦の時に双方の中心の線は常に平行しないで、中心の線の平面がないだけではなくて、その上最も接近する距離かもしれなく相手の中心の線の所、そのため最もまだ短距離の理念に従って柔軟に掌握しなければなりません。時には短い離れることは阻むことがあることを攻撃して、必要として時代遅れをまっすぐですにします;時には相手の攻勢を破壊するため、またあるいは相手を破壊してつり合って目的を待つことが現れて、機会も比較的に近い目標を攻撃することに出会って、センター・ラインの理念に従わないで、時には時間を有効に使うため、同じく柔軟に掌握することができて、腰の筋を違えて側のよける相手を打ちます。
posted by さんきち at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。