2007年04月26日

第四理念 三角形の理念

詠春拳 的理念 第四 【三角形の理念】

東方の格闘する術の実際の効き目を求める三角形の物の理念、同様に詠春拳の概念を例にして、その本人の馬(あるいは進馬)はと一連こぶしに突き進んで、三角形の構成の角錐(双こぶしがくさびのくさびを形成して入ります)に基づくのです。守りの時それが安定の堅固なことを形成して構成して支えることができますきわめてとに入って自ら力を下ろしますにくくて、同時に三角形の馬の歩に支えられました。

もしこのように構成するのが支えるならば3が形を解いてこの理念を構成して堅持することに合うので、とても大きい力を使う必要がありません。三角形は安定している構造で、そのため詠春拳は相手と格闘する時、自分の双方は相手の腕前をさらに加えて、常に1つのしばらく安定している三角形を構成することができて、例えば消えて打ちますと同時の押すように打つことなど。

三角形の構造もアーチ型の構造ですと見なすことができます。詠春拳の肩の手が力を下ろすのもアーチ型の理念で、腕は曲のまっすぐではありません形態でないがあります。イタリアのこぶしのは非直の支えることようです力(純粋な三角形の曲折)を抱いて、同様に三角形あるいはアーチ型の理念です。

構造力学の観点から、アーチ型は最も経済が力の平面構造を伝えるので、力いっぱい弓を引き絞る形は最も経済が力の空間構造を伝えるのです。今アーチ型の平面構造を例にして、それは削って押しのけることがあってか、両は削って押しのけて、3は削って仮説を押しのけます。

同じ原理と名称、簡単な直線で曲線にも取って代わって件を守ることができて、自身がただ力だけの曲線を受けるのが比較的に大きいです。

3つのつながる三角形からアーチ型と同じに、果たすことができて力の作用を下ろすことができます。
posted by さんきち at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。