2007年04月25日

第五理念 直円の理念

詠春拳 的理念 第五 【直円の理念】

破裂するこぶしはこぶしなどに突き進んで、最もで短距離と時間は攻撃して、直線の運動の理念。

息に相当するのは言います円形の運動の理念です。
手は直円の理念です。

詠春拳は同一の身体の同一時間の内で、一手に円形の運動を使うことができて、別に一手に急激に運動しますで。

太極拳のハンドルの螺旋の運動は図形の運動を主としてで、しかし〓春のこぶしの実戦は円形の運動を主として決して格闘するのではなくて、急激に運動することを主としてで、円形の運動は補佐するため。詠春拳の手のために“手を追います”に反対して、格闘する中でまず最も並製本の直線の出撃を求めて、時間まで獲得します。ただ急激に妨げられて、時代遅れをまっすぐにしますにして目的を達成しにこなければならない時、手はやっと適切に発揮します。逆に、相手が重いパンチを打つ時に、まず円形で運動して防御することを求めて、例えば腕前の腕で半円形をして体を動かして力を下ろすことに転がって、同時にまた別に腕前の直線で運動して迅速に反撃します。もし曇るさえぎることを受けていないでだめになることに出撃するならば、1ダースが要らないで取り除いて、勢いに乗じて横の方向は急激に攻撃することができます。葉は足が打ってだめになります時即刻に横を回転して打つことを聞きます。

タイのこぶしは交替で円形の運動のを使って足などの側の研究して急激に運動したことを打ち負かして足を伸ばしてなど研究していることに優れて、しかし非同一時間の直円の理念。
posted by さんきち at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40325325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。