2007年04月24日

第六理念 剛柔理念

詠春拳 的理念 第六 【剛柔理念】

東方の格闘する術は同一の身体と同一時間の中で柔と剛を兼ねる双方あるいは腕前の1足そのために双方の1足の調和を発揮することができて、時間まで獲得して、攻撃と守備の同時の最優秀境界を達成します。

敵を生け捕りにすることを主とする柔道、すぐ柔らかい制のちょうどの柔らかい法で重んじて、その上また重んじてつぼを打って、力(さん)の巧勝のちょうど法で、柔と剛を兼ねる理念です。少林寺のこぶし法がまだあるのはすべて同一の理念です。
posted by さんきち at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。