2007年04月23日

第七理念 立体の理念

詠春拳 的理念 第七 【立体の理念】

普通は、東方の格闘する術の立体の理念は動作がそして使うのであるようで、しかしそうとは限らない同時にそして使います。しかし、同じく動作は同時にそして使うことができて、これは立体の理念の最高の段階でが同様にちょうど柔らかい理念を利用してしかも攻撃と守備の同時の最優秀境界を兼ねることを達成することができるため、ずっと破れますで横柄です。

立体の観念が打って組合せが転ぶことを含むことができます、蹴って組合せが転びます、打って組合せを持ちます、蹴って組合せを持ちます、捕らえて組合せなどが転びます立体交差と全方位のは多く変化の戦術をつけて、相手にどうにも防ぎようがないようにして、そこで主動権を制御しました。

実戦の中で簡素化の動作を使って勝ちを制することができるもしもことができるなら、立体を運用して組み合わせていって勝ちを制しますとは限りません。

立体の進撃は敵の顧上顧を終わらないでおりることができますが、顧下顧は終わらないで、しかし多く攻防の同時の矛をつけて単につけて打撃の重さに進撃するほうがいくて、そのため、必要の時も全体の体を利用して入って衝突力を増加することを発射することができます。できるだけ連続して立体の進撃である方がよくて、敵にひたすら受け止めさせて、現す防御の隙間に反撃する暇がなくて、そのため、1ダースが取り除くのがまずいやり方です。
posted by さんきち at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40325600
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。