2007年04月22日

第八理念 急所の理念

詠春拳 的理念 第八 【急所の理念】

東方の格闘する術の中で、最も独特な技法の1つ、蹴って人体の薄弱な急所の部位(含んで身体の走向と浅薄で含みがない部位で穴と神経系を要します)を逮捕することを打って、力(さん)の巧勝で、(孫子兵法)の速く速勝する目的を達成します。

まず頭部の急所の部位が大いに重要で、いくつかの部位は打たれて、目まいがして抵抗を喪失することに軽くなって、重い者は甚だしきに至っては死亡を操作して、簡単に攻撃してはいけません。その位置が頭のてっぺんの心の骨を含んで所の百会の穴、脳を縫いました後に枕は隆起して頂点の骨所と脳の後で私の外で側のくぼむ所のこめかみのつぼ、耳たぶの後で後頭骨の回線を切ってくぼむ所の風の府の穴、目巣のくぼむ所の翳風の穴を縫います。それ以外に、挿し込んで、摘んで目のくぼみ、わき門、眉間、鼻の下で歯の頬と脳の後で、風池を持つことを打って、指します
posted by さんきち at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。